星野源の病気はパニック障害の後遺症?

今宵もフラつく
一人の剣客が

あらら・・・

すっかり間合いに
入っちゃいましたね。

その者の名は
「星野源」さん

病気だというパニック障害や
後遺症などについて

文字と言う名刀を
振り回していきますゆえ、
お気を付け下さい。

いざ参る

スポンサードリンク

俳優やミュージシャン
連載を抱えているなどなど

多岐にわたってその才能を
存分に発揮させている
フルスペックの人間ですが、

その陰には
大変な面もあるようで。

病気はパニック障害?

そんな才能を持つ人間でも
人生順風満帆とはいかず
苦労はあるようでして、

少年時代にいじめにあい、
それが原因となって
パニック障害を発症。

しかし、

症状から立ち直ったきっかけは、
高校時代に出会った
クレイジーキャッツの
「だまって俺についてこい」
という曲だったのだとか。

このように、星野源さんは
パニック障害だったみたいです。

しかし、

精神安定剤を服用する日々も
続いたそうですが、

高校時代にであった曲の
「そのうちなんとかなるさ」
という歌詞のフレーズに救われ、
克服出来たそうで、

つまり星野源さんは
パニック障害を克服しています。

中川家の兄の方、
剛さんも昔はパニック障害
だったと言いますし、

芸能人って意外と多いですよね。

でも、
そんな辛い時期を乗り越え
こうして立派に活躍されていて
とても凄いと思います。

スポンサードリンク

後遺症って?

さてさて、
そんなパニック障害を
乗り越えられたはずですが、

その病気には
後遺症なんてあるのかと思い、

例によって
やたらとキーボードを
叩いた訳ですが、

どうやら

2012年12月22日に、
くも膜下出血と診断され
1年間活動中止を余儀なくされました。

そして後遺症なども
心配されていたようです。

しかし、現在紅白初出場が
決まったところを見ても、

まったく病気の後遺症については
心配がいらなさそうですね。

つまり、

星野源さんは
くも膜下出血という病気を
患ったようですが、
後遺症の心配もなく、
治ったようです。

パニック障害の次はくも膜下出血と

なんとも病気との因果に
悩まされている感じですよね。

しかしまあ

くも膜下出血は発見が遅れると
危険な状態になると
聞いた事がありますし、

半身不随などの後遺症が
残ってしまう人もいると聞きますが、

星野源さんは
大丈夫だったようで
不幸中の幸いといいますか、
とにかく良かったです。

まあつまるところ

パニック障害の後遺症ではなく
くも膜下出血の後遺症が
心配されていた

って事ですが

後遺症の心配もなく
元気に活躍されています。

今回のグイグイ

ってな訳で
やたらとキーボードを
叩いてきましたが、

今回のグイグイ場面は
「楽曲SUN」

ここはもう
激しいつばぜり合いが
繰り広げられていましたね。

星野源さんの曲「SUN」は

クモ膜下出血による
病気の苦しみから生まれた
ポジティブな曲なんだそうです。

どの歌詞がどういう意味
っていうのとは少し違うようですが、

曲の題材になったといいますか、
歌詞の方向性といいますか
そういったものが

病気の体験から来る
モノだったようですね。

さすがアーティスト

では、最後まで演武に
お付き合い頂きまして
ありがとうございました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロフィール



あらららら、
間合いに入っちゃいましたか。

ブログへの訪問
ありがとうございます。

気になった事について、
やたらキーボードを叩き、
いろいろと情報を
まとめていますので、

どうぞ楽しんで行って下さい。