小野花梨の目やかわいいについて書いてみた!

今宵もフラつく
一人の剣客が

あらら・・・

すっかり間合いに
入っちゃいましたね。

その者の名は
女優の「小野花梨」さん

目だとか
かわいいだとかの
話題について、

文字と言う名刀を
振り回していきますゆえ、
お気を付け下さい。

いざ参る

スポンサードリンク

今回はもう
外見の話題一辺倒で
語り尽くす予定です。

フリとかではありません。

純粋に単純に
小野花梨さんの
(おの かりん)
外見を語り尽くします。

まず初めは
ミクロ的な視点といいますか、
虫の目といいますか、
木を見る視点といいますか、

細かい部分にスポットを当て

なかでも特に
映像を映す器官に
フォーカスして行く感じで、

小野花梨さんの
目がどうたらと言う話。

従来であれば、

かわいいとされる
称賛のゲリラ豪雨を浴びて
絶賛されるような人は

往々にして

パッチパチで大きくて
くりっくりっなフォルムで
目が形成されている
って事が多いのですが、

小野花梨さんは

なんていうか、
目が特徴的だと思います。

ネットでも

「目はどうしたの?」ってな事を
言っている人もいた程です。

こう何と表現すべきか、

特に小さいって訳でも無く
かといって大きい訳でもなく

切れ長でキリっとしている
という訳でも無くて
かといってまん丸でもなく

もうその
何とも言えない独特な感じ、

非常にアンバランスで
アバウトな所が
なんか印象的です。

スポンサードリンク

かわいい

そんなこんなで、
お次はマクロ的な感じの
鳥の目でもあり、
森を見る視点であります。

とまあ

その視覚の領域を司る
器官の形状に関して
いろいろとはありましたが、

僕はなんだかんだで

小野花梨さんは
かわいいと思います。

まあでも
何事にも賛否という
両論はあるモノでして、

他の方は、

顔があれだとか
綺麗どころでは無いとか
言う方もおられます。

まあそれ故に

女優としては外見ではなく
純粋にお芝居の実力を
評価されているとも言える

この側面のやるせなさ・・

しかし私的には、
似てると言う意味でも、

パフュームの中でも
かしゆかさんこと
樫野有香さん派の人なら特に
かわいいと思うはずです。

またあるいは、

花より男子の頃の
冨浦智嗣さんに
似てる気がしました。

なので、

その頃の冨浦智嗣さんを
可愛く思っていたような人は
かわいく映ると思います。

それにしても、

子役時代の小野花梨さんは
マジで冨浦智嗣さんに
似てますからね。

ほんと衝撃ですよ。

今回のグイグイ

ってな訳で
やたらとキーボードを
叩いてきましたが、

今回のグイグイ場面は
「ギャップの魅力」

ここはもう
激しいつばぜり合いが
繰り広げられていましたね。

これはかしゆかさんを
好きな方でしか
分らないような感覚
なのかもしれませんが、

小野花梨さん含め、
こういう感じの外見の人って

「めちゃくちゃかわいい!」
って思う瞬間と
「あれ?このショットは・・・」
みたいな瞬間と

正直、両方あるんですよね。

でもそんな部分を含めて
なぜだか素敵に見えてしまう

そんな良い時と悪い時の
ギャップが魅力なのが
こういった系統の顔なのです。

「あの瞬間をもう一度!」

っていう感じで
何度も見ている内に
いつのまにかハマっています。

ある意味恐ろしい
まさに小悪魔的な顔面。

さらには

まなじ声もかわいいだけに、
ハマってしまったような人は
もうどっぷりなのです。

では、

最後まで演武に
お付き合い頂きまして
ありがとうございました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロフィール



あらららら、
間合いに入っちゃいましたか。

ブログへの訪問
ありがとうございます。

気になった事について、
やたらキーボードを叩き、
いろいろと情報を
まとめていますので、

どうぞ楽しんで行って下さい。