伊集院光のおでこにこぶが出来た理由がヤバい?

今宵もフラつく
一人の剣客が

あらら・・・

すっかり間合いに
入っちゃいましたね。

その者の名は
「伊集院光」さん

おでこのこぶに
まつわる話について、

文字と言う名刀を
振り回していきますゆえ、
お気を付け下さい。

いざ参る

スポンサードリンク

こわーいはなし

という訳では
決してございません。

まあでも、

そのふくらみに関しては
何やら「2つの説」が
あるようでして、

それらを紹介します。

おでこのこぶ話その1

まず一つ目、

おでこにこぶがある
理由その1「土下座説」

伊集院光さんは
三遊亭楽太郎さんの
(現在の6代目三遊亭圓楽)

弟子となり「三遊亭楽大」
(さんゆうてい らくだい)
として活動していました。

その落語家時代に

何をやらかしたのかは
分りませんが、

師匠である楽太朗さんに
「血が出るぐらいに
おでこを地面にぶつけながら
頭を下げて謝った」

そんな事が
あったそうなのです。

その結果、

「おでこにこぶが出来た」
という話を
ラジオでしていたそうです。

スポンサードリンク

そしてですね、
テレビなどで伊集院光さんは

「デブ」などと、
自身の体型に関しては
自虐的なネタを言いますが、

ことさらこの
「おでこのこぶ」に関しては

一切の自虐を言わず、

話題に出す事すら
珍しいそうで、

この楽太朗さんに
謝ったエピソードがよっぽど
トラウマだったのでは?

っと言われています。

そしてまた、
宣材写真などの画像では
コブの部分に
修正を施しているらしい。

ってか、

ラジオで本人が
話していたって事は

2つ目の説に行く前に
もう正解が出てしまった感が
ございますが、

そんな事は気にせず、
続けましょうか。

おでこのコブ話その2

ではでは2つめ、

おでこにコブがある
理由その2「脂肪腫説」

その真ん丸で大きなふくらみは

「脂肪腫」という
いわゆる「脂肪の固まり」
なんだそうです。

そして「腫」という事で

なんだか悪い物のように
病気的な事なのかな?

とも思いますが、

悪性ではないようなので、
心配はないようです。

また、
これを治療するには、
手術で取り除く事でしか
方法は無いのだとか。

ちなみに、

同じような症状で
「粉瘤」というものが
あるようですが、

脂肪腫は
それ以上のレベルで

粉瘤みたいに
ポップな感じでは
無いようです。

科学的には
脂肪腫が出来る原因は
まだはっきりとは
解ってないようですが、

私的には、
先ほど話と関連して、

土下座した際に出来た傷が
変な感じで残ってしまい

そしてまた、

伊集院光さんが
肥満体型である事も手伝い、

傷口に脂肪が
どんどんと溜っていき

その結果、

大きな脂肪腫に
なってしまったのではないか?

と思いました。

まあこんな感じで
2つの説を繋げてみましたが
いかがでしょう。

今回のグイグイ

ってな訳で
やたらとキーボードを
叩いてきましたが、

今回のグイグイ場面は
「内緒の伊集院光」

ここはもう
激しいつばぜり合いが
繰り広げられていましたね。

落語家に弟子入りするも

師匠に内緒で
「伊集院光」として
出演していたラジオ番組が

大人気になったので、

話合いの結果、
落語家としての籍を
離れたそうです。

人生とは

何が起こるかは
わからないもんですね。

では、

最後まで演武に
お付き合い頂きまして
ありがとうございました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

プロフィール



あらららら、
間合いに入っちゃいましたか。

ブログへの訪問
ありがとうございます。

気になった事について、
やたらキーボードを叩き、
いろいろと情報を
まとめていますので、

どうぞ楽しんで行って下さい。